日本はいいね~

運動によるメタボリックシンドローム対策

中高年に多くみられるメタボリックシンドロームは、今若い世代にも多いことはよく知られています。その対策として、毎日続けられる運動をすることがとても大切になります。メタボの原因となる内臓脂肪は幸い、すぐに蓄えられますが落としやすい脂肪なので日々の運動で落とせます。では、どんな運動が効果があるのでしょうか。大事なことは、まず脂肪を落とすことです。そして筋肉をつけて基礎代謝をあげることです。基礎代謝が上がれば、自然と脂肪のつきにくい身体になります。毎日続けるとなると、続けられやすい運動がいいでしょう。無理をして続けられないのが1番意味がありません。おススメは、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。部屋で出来ることだとスクワットや階段を使った踏み台昇降運動などがとてもいいです。そしてさらに効果があるのは、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせです。無酸素運動は、筋トレなどで、基本的に短時間の運動です。2つを組み合わせると、基礎代謝のアップにとても効果的です。正しい知識のもとで続けられる運動をして、メタボを解消しましょう。